栄養課

栄養課について


安全でおいしい食事を提供できるよう日々業務を行っております。
利用者様それぞれに栄養ケア計画を作成し、個人に合った食事を提供しています。栄養ケア計画は、多職種と連携し、咀嚼・嚥下状態や嗜好、疾患を考慮し、利用者様の要望を聞きながら安全に食事できるよう作成しています。必要に応じて療養食の提供も行っております。
食事は日々の生活のなかで、楽しみでもあり、生きる活力にもなります。できるだけ手作りにこだわり、毎月の行事食や誕生日会などのおやつの提供を行っております。利用者様の「おいしかったよ!」「○○楽しみにしているね!」「ここの食事が一番うまいな!」などの言葉や笑顔をいただくととても嬉しく、また次も何か喜んでもらえるものを提供しようと、スタッフ一同、業務を行う上での活力にもなります。これからも利用者様の喜びや満足を、食事からサポートしていけたらと思っております。
食事に関してなにか不安なことや疑問などありましたら、栄養課までご相談ください。

栄養課主任の紹介

管理栄養士
山下 美沙子

特養、病院勤務を経て7年目。8名の厨房スタッフとともに利用者様の食事の提供を行っております。食事を食べられなかった方が少しづつでも食べられるようになったり、食事中の笑顔を見ることができたり、とてもやりがいのある仕事だと思っております。日常生活のなかで食事を一番の楽しみにしてくれている利用者様も多く、できるだけその楽しみに答えられるよう日々利用者様の声を聞き個々に合った食事を提供していきたいと思っております。