看護部

看護部について


当施設では、要介護の利用者様に対して、その尊厳を守り、安全に配慮しながら在宅生活を目指したサービスを行っています。
看護部は他職種と連携を図り、利用者様の健康管理から、生活援助まで行っています。じっくりと利用者様と向き合い、個々のニーズを把握したケア、笑顔を絶やさずに信頼関係を築けるよう、日中は各フロア1名以上の職員配置をして看護実践を行っています。
スタッフ一同で、よりよい看護を提供できるよう努めています。

看護師長の紹介

看護師長
塩谷 律子

今まで、急性期病院、慢性期病院を経験してきましたが、ご縁があって現在アルターかつしかばしの利用者様と一緒に過ごすことになりました。

利用者様の「ありがとう」の言葉を聞いたり、笑顔を見ることができると、とても気持ちが暖かくなります。そして、「もっと何か他にできることはないか」と考えたり頑張ることができます。

アルターかつしかばしは医師、看護師、薬剤師、介護士、リハビリ課、栄養士、事務部門とチームで明るい雰囲気の中、お一人お一人の状態や、目標に合わせたケアサービスを提供しています。

これからも地域に根ざし、利用者様をはじめ、幅広い皆様に信頼され、安心していただけるよう、チームとしてお互いを高めていける施設を目指していきます。
どうぞ、よろしくお願い致します。

看護主任/看護師
兒玉 希実子

看護主任/准看護師
三井 千佳

看護部の目標

利用者様個々の生活の場に寄り添ったケアを行い、安心して生活してもらえるような質の高い看護サービスが提供できる。

  1. 他部門と協働し、チームケアを行っていく。
  2. 安全で、適切な看護を提供する。
  3. 地域に根ざした看護活動に努める。

看護体制

日替わり制

勤務体制

2交代制